自律神経と交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経の動きこの2つの神経はまず骨髄にはいって交感神経が体全体のエネルギーの発散副交感神経がその補給をしているここにホルモンの関係がありますそのときに内分泌ホルモンが流れて2重支配の状態になりますっつまりストレスや環境ホルモンの進入などでこのタイミングがうまくいかないと体に不調が現れます仕事がうまくいかないので酒を飲む仕事のストレスを解消しようと自分にむちをうつ大脳皮質は視床下部に新陳代謝をうまくやるように指令を出していますその2に脳下垂体は脊髄の神経にかかって内臓や五感の機能のコントロールをするように命令しますこのように交感神経にホルモンを放出せよと指令を出しているのが脳下垂体でさらにほるもんの料はこの程度にせよと脳下垂体を通じて副交感神経を支配しているのが視床下部ですつまり視床下部の命令でホルモンを放出するのが交感神経で料はこの程度と制御するのが副交感神経であるので放出と抑制のバランスがとれているときは体が元気な状態ですところがこの自律神経のバランスが崩れると不眠や内臓生殖器などにさまざまな症状がでてきますまた事件事故などショックでアドレナリンやアセチルコリンといったホルモンが急増して元気がなくなることがあります心配事がかさなると胃の潰瘍の出血などこれは交感神経が活発になり副腎皮質ホルモンが分泌されさらに副交感神経が働き胃液の量をおおくするので胃壁の筋肉がただれ胃潰瘍になりますこれをストレス性潰瘍といいます強いストレスを受けるのは胃や心臓などの臓器にかぎらず指令を出す脳下垂体甲状腺副腎ホルモンがりますこのように脳下垂体と金玉とホルモンの関係はたいへんです